9月のセッション 5

他人からの声は、自分の心の声。

他人からの声や意見に悩まされている場合、この法則を活用すると解決がスムーズに進みます。

今回のご相談者は、仕事の面で上司や同僚から非難され、心を痛めている男性でした。

お話を詳しくお伺いしてゆくと、誰よりもまず、自分自身が自分を差別し、裁いていることが強く感じられます。

このことは、今回のご相談者にかぎらず、私たちの多くに見られる傾向だと感じます。

実は、自分に対して一番厳しく、ときに意地悪なのは、自分自身です。

客観的に観察すると、そのことがよくわかります。

例えば、よくできている、うまくやっていることに対しても、当たり前だという態度で接しています。

それを評価する、尊敬する、感謝するという態度はあまり取りません。

客観的で適切な評価は、自尊心や誇り、自己評価を育てるのにつながりますが、できて当たり前という態度を続けると、やる気が出なくなってゆきます。

反対に、未熟な面や失敗した出来事に関しては、容赦なくダメだという判定を下すことが多いようです。

それらを分析し、成長につなげるという過程を無視して、ただ責める、裁くだけでは、自分自身が萎縮してしまうでしょう。

つまり、私たちの多くは自己コントロールが未熟だ、と言えるでしょうか。

そして、そのような自分への態度が、他者という鏡に映り、他者の言葉、態度として自分に反射してきます。

ですから、自分を肯定的に認めている人ほど、他者から肯定的な態度で迎えられ、良好な人間関係に恵まれてゆきます。

その逆もしかりです。

このことに気づけば、他者からの批判に対して、まずすべきことが明らかになります。

それは、自分を肯定的に認めること、非難し、否定し、裁くのをやめること、です。

自分を変えれば、他者との関係は必ず変わります。

反対に、自分を変えずに、他者だけを変えようとしても、失敗します。

なぜなら、他者は自分の鏡であり、自分の態度をそのまま反映してくるからです。

このことを理解し、自分に対して愛と尊敬のある態度で接すると、問題は解決してゆきます。

その上で、相手に自分を批判させない努力も必要になります。

具体的には、相手の批判に対してしっかりとしたコミュニケーションをして、改善を要求することです。

自分を愛するということには、自分を守るという行為も含まれます。

また、相手に自分を傷つけさせる行為は、その相手が、相手自身を傷つけることを助けてしまいます。

このようなお互いにとってマイナスのコミュニケーションは、すぐさま改善する必要があります。

具体的方法としては、自分の気持ちを伝える、相手の真意を問いただす、その中でお互いが本当に求めているコミュニケーションを探ります。

今回のご相談者は、何度も受けてくださっている方なので理解も早く、解決のツボをしっかりと理解してくださいました。

他人からの声は、自分の心の声です。

肯定的な声が聞こえてきたら、遠慮や謙遜の代わりに感謝して受け取り、自己評価へつなげるのがおすすめです。

否定的な声が聞こえてきたら、自分の心と向き合い、そこにある否定的な声を聞き、変えてゆきましょう。

その度ごとに、人生は確実に、しあわせで穏やかなものへと変わってゆきます。

葵優太

 

スピリチュアルカウンセリング

県内で貴重!プロスピリチュアルカウンセリング

プロの対面スピリチュアルカウンセリングが、
福島県 須賀川市 で受けられます。
開始9時~21時終了 日曜定休 当日予約もOK。

静かな専用ルームでプライバシー確保。
親切、丁寧な対応で女性&初心者も安心
小さなお子様と一緒のお母さんもOK
駐車場&専用トイレ完備

通話カウンセリング今すぐ対応
開始9時~21時終了 日曜定休

空いてる?→予約カレンダーでカンタン確認OK。
電話問合せも歓迎。090-8781-1832

波動をアップする各種メニュー!

あなたの波動をUPする効果抜群のメニュー!

スピリチュアルカウンセリング
悩み解決&波動UP=人生が幸せに変化
人生がしあわせになるカウンセリング

ハイヤーセルフワーク
自分のハイヤーセルフとつながるワーク
魂が目覚め、真の幸せがスタートします。

サービス一覧はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA