スピリチュアルカウンセリング

オンラインセミナー【聖人祭】ブッダからのメッセージ

12月26日21時から開催する【聖人祭】について、どのようなことが行われるのか?

とても気になりますね^^)

そこで、ブッダに少し予定を聞いてみようと思います。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

私達は、この神聖なる集いにおいて、あなた方へのお祝いを述べようとまずは思っています。

なぜお祝いなのでしょうか?

それは、この大きな変動をあえて迎え入れ、その中で大きな変容を迎えようとしていること、そしてそれがすでに成功しつつあることへのお祝いです。

そう。すでにこれは成功しつつあり、来年に向けて、よりそのことが確実になってゆくでしょう。

表面で起きている出来事と、その奥底にある本質は、必ずしも一致しません。

より具体的に言うならば、本質の動きが先にあり、表面的な動きはあとに続きます。

つまり、これだけ大きな動きが表面化しているということは、本質はすでにその先に行っているということができます。

その本質とは、統合と覚醒と呼べる世界です。

私達はすでにエネルギー的な世界を基盤に動いていますから、本質を中心に据えた意識としてあなた方と交流します。

ですから、本質ではすでに喜ばしいことが約束されており、それに対するお祝いというわけです。

 

また、この集いでは、この本質の具現化を加速させるという目的も果たす予定です。

本質を具現化する、つまり世の中で表面化させるには、それを行うための魂のエネルギーが必要です。

つまり、あなた方人間の魂のエネルギーです。

なぜかといえば、地球はあなた方人間のエネルギーですから、それをどのように変容させるかもまた、あなた方次第だからです。

本質として起きている統合と覚醒のエネルギーの動きを信頼し、自らそれに参加しようという意図を持ち、行動において表明する魂が必要です。

この集いに参加することで、それが達成されるわけです。

自らの自由意志の力を信頼し、それを最高の可能性を生み出すために使おうという勇気ある魂のちからこそが、成功の力の源です。

自分の力を信頼することなくして、光ある未来を導くことはできません。

そうした、個人の力の偉大さについても、お話しようと思います。

 

そして、過去と未来というテーマについてもお話しようと思います。

過去を肯定的に捉えることができれば、その延長としての現在を肯定することもたやすくなります。

そして、現在を肯定できれば、未来をも明るいものとしてみることができるでしょう。

個人的な歴史の中でも、それが今、とても大切になっています。

過去の自分を否定したまま、現在の自分を肯定することはできないものです。

そして未来は、現在の自分のエネルギーが投影されてゆくものです。

そしてそれは、地球人類という全体性の歴史の中でも同じことです。

高次の知性の中でこそ、こうした捉え方は可能になります。

それをお伝えできればと思います。

 

また、私達の愛と光あふれる慈愛のエネルギーもふんだんに分かち合う予定です。

ですから、難しい話になると思わないでください。

参加するだけで、必要なエネルギーが受け取れるような準備を整えておきますので、どうか安心して楽しんでください。

ブッダ

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

 

どうやら、明るい未来はすでに約束されており、どのようにしてそれを具体化してゆくか、そこが大きなテーマになっているようです。

そのためには個々人の意識のあり方がとても重要になるようです。

その他にも、たくさんの魅力的なテーマが語られると思います。楽しみですね♪

 

オンラインセミナー【聖人祭】

詳しい内容はこちらです↓

オンラインセミナー

初めての方でも、安心して参加できます。

直感に響いたら、是非参加してくださいね。

葵優太

============================================================

葵優太スピリチュアルカウンセリングオフィス
HP https://www.yuu-ta.com/
ネット予約・空き確認 https://select-type.com/rsv/?id=0uDw4EBsluM
問合せMAIL https://yuu-ta.com/inquiry
電話予約・問合せ 090-8あ781-1832
営業時間:9:00~21:00(定休日:日曜)

LINE公式アカウント始めました!
友だち追加で、お得なクーポンや限定キャンペーンを配信!
もちろん無料! 今すぐ追加しよう♪

友だち追加

===========================================================