スピリチュアルカウンセリング

「思考したら負け」

前回に続き、つらい感情を消す方法です。

つらい感情を感じる時、ほとんどの人がやってしまうこと。

それが「頭で考えてしまう」ことです。

例えば、日曜日の洗濯は夫にお願いしているはずなのに、全然やってくれない。

ソファに寝転んでスマホゲームばかりやっている。。

こんな時に失敗の方法は、

「疲れているんだから、仕方ない」

「いくら言っても聞かないから、私が諦めるしかない」

「イライラしても時間の無駄。自分でさっさとやってしまえばいい」

というふうに「考える」と、失敗します。

どのように失敗するのか?

イライラ、不満、怒り、悲しみ、孤独感などのつらい感情がちっとも消えません。

消えたと思っても、夜寝る時や、次の日に家事をしている時や、夫の顔を見た瞬間、つらい感情が戻ってきます。

これは、当然の結果と言えます。

なぜなら、感情というエネルギーは、思考で消すことはできないからです。

感情は、感じることでしか消えません。

どんなに立派な理屈でも、正論でも、宇宙の法則を持ち出しても、

それが「思考」である限り、感情には効果がありません。

でも、私達現代人のほとんどは、思考中毒といってもいいぐらい、常に思考ばかりしています。

そして、なにか問題が発生したときにも、すぐに思考を使います。

考えれば、正解が見つかる。考えれば、解決する。

それが思考の問題解決法だからです。

でも、残念ながら、つらい感情を消すことに関しては無力です。

考えてもムダ。

感情に関してはこれが100%真実です。

では、どうすればいいのか?

答えはとてもシンプル。

感じれば、消えてゆく。

思考を止めて、何も考えず、自分の感情に意識を向けてください。

「イライラする。ああ、イライラしている。私は今、とってもイライラしている!」

誰かにぶつける必要もありません。ただ、自分の心の中で深く深く感じてください。

すると、体も痛み、苦しみという反応を返してくれます。

これは、感情を消すための、身体からの協力です。

胸が苦しい、お腹が痛い、頭が痛い、身体の苦しみを通して、感情エネルギーは解放され、消えてゆきます。

つらい感情を消すために、避けては通れないこと。

それが心と体の「苦しみ」です。

なぜ苦しいのか、を理解しておくことも、とても大切です。

苦しみの理由については、次回にお伝えします。

葵優太

============================================================

葵優太スピリチュアルカウンセリングオフィス
HP https://www.yuu-ta.com/
ネット予約・空き確認 https://urx.mobi/JcEx
問合せMAIL https://ur2.link/JU3U
電話予約・問合せ 090-8781-1832
営業時間:9:00~21:00(定休日:日曜)

============================================================