スピリチュアルカウンセリング

9月のセッション 1

最近は、家族、親族との関係でご相談を受けることも多くなりました。

例えば、親の介護、相続、あるいは障害を持つ家族のケアなど。

このような家族、親族のテーマに必ず共通している解決方法が、ひとつあります。

 

それは「顔を合わせて話をする」ことです。

顔を合わせて、というところがとても大切です。

今は電話にかぎらず、メール、LINEなど便利なコミュニケーション方法がたくさんあります。

どれも、顔を合わせて話すことには及びません。

難しい問題を、協力して解決しようとする時。

顔を合わせて話すことには、どんな方法も及ばないのです。

なぜでしょうか?

 

それは、「信頼関係」と関係します。

難しい問題を協力して解決しようとする時、お互いを信頼する必要があります。

そして、信頼を築くのにいちばん有効なのが、顔を合わせて話すことです。

顔を合わせて話すことで、相手の「顔が見える」のです。

 

この顔が見えるとは、単に表情が見える、という意味を超えています。

相手の人間性が分かるというか、

その一部分が垣間見える、

とでも言えばいいでしょうか。

文字や音声だけではつかみきれない何かを、得られるのですね。

 

それには、実際に顔を合わせなければいけません。

その表情、しぐさ、言葉、息遣い、雰囲気を感じなければ、わからないのです。

スピリチュアルなレベルで見れば、お互いのオーラを重ね合わせることで、初めて可能なコミュニケーションがあるのです。

こうした深いレベルのコミュニケーションが、何を起こすのでしょうか?

 

共感です。

相手の身になって考え、感じ、自分だったらどうするだろうかと案じてみる。

相手の身になる感覚、それが共感です。

共感ができると、まるで相手になったような感覚で理解できるようになります。

親身になる、という表現を使ってもいいでしょう。

自分の立場と相手の立場を、客観的に比べられるようになります。

これが共感の効果です。

 

難しい問題をみんなで解決しようとする時。

みんなが、このようにお互いに共感できたなら、どうなるでしょうか。

対立や争いは解消し、お互いにとってベストの解決策を相談できるでしょう。

 

それは、決して難しいことではありません。

家族であれ、職場であれ、スポーツのチームであれ、良い関係の集団なら無意識にやっていることです。

それを生み出す土台になっているもの。

それが、顔を合わせた話し合い、付き合いです。

 

とはいえ、普段顔を合わせない間柄で、問題が発生することもあります。

問題を解決するために会う、というのはなかなか気が進まないものです。

まして、苦手な相手だったりすると、ついつい先延ばしになるかもしれません。

そんな時はどうすればいいでしょうか。

 

まずは、自分のネガティブな気持ちを受けれます。

嫌いだから、苦手だから、面倒だから、顔を合わせたくない。

それは自然な気持ちです。

否定することは全然ありません。

「こういうことは面倒くさいし、どうにも苦手なんだよな。できれば避けたいな」

そんな自分の心の声を、大切にして、自分で聴いてあげてください。

気持ちをしっかり聞いてあげることで、そうした気持ちも安らいでゆきます。

 

その上で、冷静に自分に問いかけてみます。

私にとって本当に必要なのは、どのような判断なのか?

と。答えはすぐに出るはずです。

なぜなら、自分の気持ちを聴き、感情が穏やかになれば、冷静な思考ができるからです。

 

冷静な思考の結果、判断が出たら、後は行動あるのみです。

必要な日時と場所を決めて連絡を取り、顔を合わせて話し合う。

たったそれだけで、問題が確実に進展します。

 

案ずるより産むが易し。

なかなか踏み切れない時は、この言葉が頼りになります。

そもそも問題は、どれだけ考えても絶対に解決しません。

しかし、行動すれば、必ず解決に向かいます。

 

最後に、話し合いをうまく進めるための、具体的なコツをひとつ。

それは、相手を観察する、ことです。

言い換えるなら、自分の意見、主張に必死にならないこと。

相手の考え、気持ち、その背景にある事情などをじっくり聴いて理解する。

それが相手を観察するということです。

 

特に最初の話し合いでは、自分の主張は必要最低限で構いません。

相手を観察し、理解すれば、それで成果は十分です。

相手のことがわかれば、自分の意見に対して、どのような反応をしてくるかも予想がつきます。

それを踏まえて、自分の主張や、今後の話し合いの目標を立てればうまくゆきます。

 

問題を解決するために不可欠なのは、お互いの信頼関係だと、僕は確信しています。

信頼関係を築くには、努力が必要です。

お互いに顔を合わせ、話し合い、時には衝突し、嫌な思いもしながら、理解しようと努力する。

ある意味では、その努力の量が、お互いの歩み寄り、協力、時には妥協を生み出すともいえます。

 

家族、親族との問題解決は、なかなか難しいことも多いものです。

他人との間なら、冷静に考えられることも、近い間柄では感情が邪魔します。

特に厄介なのが、自分を責める気持ちです。

身勝手ではないか、冷たいのだろうか、家族なのだからこうすべきではないか。

そんな感情に振り回され、思うように行動できず、ほとほと疲れてしまうこともあります。

 

そんなときには、客観的な立場からのアドバイスがとても役立ちます。

周りに相談できる人がいない方は、カウンセリングで葵優太に相談してみませんか?

葵優太がプロの知識、経験を踏まえ、客観的な立場からのアドバイスを差し上げます。

一人でもんもんと悩んでいたことが、解決へ向けて、確実に前進するでしょう。

葵優太

Comment





Comment