スピリチュアルカウンセリング

7月のセッション 6

どうしようもない感情に振り回されている時。

感情を癒やすワークが非常に効果的です。

先日も、あるご相談者とのセッションで、このワークが効果を発揮しました。

 

自分の妻には離婚歴があり、前のご主人との間に生まれた男の子がいる。

その男の子と、自分の妻が仲良くするのを、快く思えない。

アタマでは受け入れようと考えるのに、心が納得できない。

そんな自分にも嫌気がさす。自己嫌悪で嫌になる。

そんな深刻な悩みを抱えていらっしゃいました。

 

1時間のヒーリングでエネルギーを癒やした後、感情を癒やすワークに入りました。

目を閉じて、イメージの中で3歳の男の子の自分を呼び出してもらいます。

この、3歳の男の子の自分が、感情を感じる自分です。

 

なぜ、3歳の子供の自分なのでしょうか?

それは、感情体、感情を感じる自分は、そのくらいの精神年齢だからです。

感情が豊な反面、知性や理性はそれほど発達していません。

つまり、3歳位の自分をイメージして、その自分とお話すると、自分の感情と対話するのにちょうどいいのです。

 

男の子の様子はどうですか?とご相談者にたずねた所、なんだか悲しそうな様子。

理由を聞くと、男の子が教えてくれました。

それは、お母さんとの間で、悲しい出来事があったようでした。

自分がお母さんと満足に遊べなかった。

もっと遊びたかった。

そんな思いを、今でも抱えているようです。

 

それなのに、自分の妻が、別の子供をかわいがっている。

小さい頃の自分が得られなかったものを、愛する妻が、他の人との子供に与えている。

そこに嫉妬が生まれるのは、人として自然な感情ではないでしょうか?

 

繰り返しになりますが、感情体には理性や知性はありません。

感情体とは、感情を感じるための存在だからです。

そこに知性、理性を求めるのが、そもそも間違いなのです。

 

実は、多くの人が感情に振り回されるのにも、ここに原因があります。

感情体の特徴を理解せず、理性や知性で説得を試みる。

もちろん、失敗します。

ご相談者も、そうした試みではうまく行かず、途方にくれていたことでしょう。

 

では、一体どうしたらいいのでしょう。

感情をうまく扱う方法は、たったひとつ。

理屈抜きで感じてあげること。

ワークの中でも、そのように接します。

 

小さな男の子の気持ちを聴いてあげて下さい、とお願いします。

寂しかった、悲しかった、もっとお母さんと遊びたかった。

その気持を、大人の自分がしっかり聴いてあげる。

それが、いちばん大切なことなのです。

 

そんなことで?

と考えるかもしれません。でも、それでいいのです。

感情とは、感じるもの、感じるために生まれたエネルギーです。

だから、感じてあげることが、何より大切。

 

ワークの中でしっかり感情を感じてゆくと、男の子の様子に変化が起きます。

満足し、穏やかになり、しあわせな様子になってゆくのです。

こうして、しっかり感情を感じて、受け入れてあげたら、次のステップです。

 

イメージの中で、お母さんを呼び出してもらいました。

そして、男の子がしたい遊びを、お母さんとさせてあげました。

どうなったでしょう?

もちろん、男の子は大喜び。

どんな遊びをしたのかは、ヒミツです(笑)

しっかり遊んで、満足した男の子は、笑顔で元の場所へ帰ってゆきました。

 

ワークを終え、目を開けたご相談者の顔には、涙がありました。

こだわっていた感情がほぐされ、癒された時、私たちは自然と涙を流します。

ちなみに、この時はなぜか、僕もなぜか泣いていました(笑)

普段なそのようなことはないのですが・・・理由は不明です。

 

このワークが優れている点は、自分で自分の感情を癒せる、ということです。

過去の悲しい出来事でも、今の自分が癒せる。

もう会えない人との出来事であっても、自分ひとりで癒せる。

過去から自分を解放するのは、いつでも、自分の力で可能なのです。

 

とはいえ、このワークは感情の奥深い部分まで入ってゆく作業です。

知識や経験がないと、難しい部分もあります。

過去の自分と向き合うことへの不安、恐怖もあるでしょう。

 

そんな時は、どうぞセッションの中で一緒にワークを行いましょう。

葵優太がプロとして、安全なエネルギー環境を作ります。

 

そのなかで、あなたを苦しめていた感情を、一緒に癒やしてゆきましょう。

ずっとこだわっていた感情から、解放される心地よさは、味わってみないとわかりません。

無理に例えるなら、心の中いっぱいに青空が広がったような、そんな心地です。

 

どうしようもない感情に振り回されている、そんな状況から抜け出したいなら、どうぞセッションをお受け下さい。

あなたのお越しを、心からお待ちしています。

葵優太

 

 

Comment





Comment