スピリチュアルカウンセリング

7月のセッション 5

「信頼関係」という財産が、あなたにはあるでしょうか?

信頼関係という財産は、人生を安定させてくれます。

人生を生きる上での、心の安定度が大きく高まる、ともいえます。

 

では信頼関係とは何でしょうか?

言葉にするのは、なかなか難しいのですが、

「何かあっても、この人との関係があれば、大丈夫」

という感覚が得られる関係、それが僕の感じる信頼関係です。

 

信頼関係は、様々な関わりの中で創り出すことができます。

恋人、夫婦、親友、家族など、親密な関係の中で得られるのはもちろん、

お医者さんや、行きつけの美容院の美容師さんなど、お金を払う関係の中でも創れます。

より多くの、より多方面での信頼関係があるほど、人生はより安定するでしょう。

 

信頼関係から得られるのは、安定や安心だけではありません。

信頼できる相手がいるという喜び。

相手を信頼できるという自分に対する誇り。

信頼できる相手に信頼されているという充実感。

こうした感覚は、心にじんわりと染み渡り、優しさと穏やかさを与えてくれます。

利益だけの関係からは、この優しい滋味のような感覚は、得られないものです。

 

私たちが人生で最も求めているもの。

もしかすると、それが信頼関係なのかもしれない、と思うことがあります。

 

心から安心できる人たちに囲まれ、お互いに信頼しあって暮らしてゆく。

そうした人生を手にした時、心の底から満ち足りるのかもしれません。

そう感じさせるほどの、パワフルなしあわせの感覚を、信頼関係は与えてくれます。

 

では、そのようなすばらしい信頼関係は、どうやったら手に入るでしょうか?

まずは、求めることです。

シンプルですが、案外多くの人が、真剣に求めることをしていません。

信頼関係を得たいなら、

「私は信頼関係が欲しい」と求めることが不可欠です。

求めていないものが、人生に訪れることはありません。

 

次は、自分から信頼すること。

信頼されるのを待っていてはだめです。

「信頼されたら、信頼しよう」

という態度でいる限り、信頼関係は始まりません。

信頼する時のコツをひとつ。

「信頼したのに、期待はずれだった」

という思考にだまされないことです。

 

期待と信頼は、違います。

期待とは、自分の思い通りの結果が得られること、を望むこと。

自分の期待通りに反応してくれなかった時、失望するのが期待です。

 

信頼とは、思い通りではない結果でも、それを信じて受け入れる態度。

自分の予想とは違ったけど、あの人がそうしたのなら、それを信じよう。

これが信頼です。

 

期待を求めている限り、信頼は永遠に得られません。

信頼を得るには、期待を手放す必要があります。

自分が期待していた行動、結果を相手が返してくれなかった。

その時、それでも相手を信じたいか、関係を続けたいか?

思考ではなく、心の感覚で、そう思えるか?

ここが勝負どころです。

 

虫のいい結果だけを期待するのは、思考の特性。

それを超えた所で、この人を信じてみよう、と思えるのは心の感覚。

信頼関係は、心から生まれます。

 

最後は、自らが信頼に足る人物になることです。

言い換えるなら、わたしは人に信頼される人間だ、という自己信頼=自信を持つこと。

完璧な人間でなければいけない、という意味ではありません。

自信がない人は、信頼してくれる人を引き寄せることができません。

相手を疑い、自分を疑い、関係を維持できないでしょう。

自信を持つことが、信頼関係の土台になります。

 

自信を持つのに必要なのは、勇気です。

実績や経験は、自信に絶対に必要な条件ではありません。

自分を信じるという勇気が、絶対条件です。

 

このような感覚を持つと、特定の誰かと、関係が続くようになってきます。

ある程度関係が続くと、いろんな事を体験します。

相手や自分を疑ったり、

期待をして裏切られたり、

いろんな事を体験します。

 

それでも、もう少し続けてみようか、そう思える関係が見つかったら、それこそが、信頼関係の芽です。

それを枯らさずに、大切に育ててみましょう。

あきらめずに、根気よく手間を掛けてゆくと、信頼関係が育ってゆきます。

 

信頼関係を育てるのにも、コツがあります。

いったんコツをつかめば、どんどん上手になってゆくでしょう。

気づくと、あなたの人生にたくさんの信頼が育っているかもしれません。

 

あなたも、自分だけの信頼を育ててみたくなりましたか?

それなら、あなたの身近にいる人との間で、始めてみてください。

新しい信頼を育てるも良し、今ある信頼を大きくするも良し。

きっと、人生が楽しくなるに違いありません。

 

もちろん、セッションを通じて僕との信頼を育ててみるのもオススメです(笑)

あなたの訪問を、葵優太はいつでも歓迎いたします。

葵優太

 

Comment





Comment