スピリチュアルカウンセリング

7月のセッション 2

「感情はコントロールできない」

というと、びっくりするかもしれません。

ですが、これは事実です。

もう少し正確に言えば、「生まれた感情は、無かったことにはできない」となります。

これを知らないばかりに、実に多くの方が自分の感情に振り回され、悩み果てています。

悩みとは、感情の処理がうまくいかない時に、起きる現象だからです。

 

では、生まれた感情はどうしたらいいのでしょうか?

答えはシンプル。感じること。それだけです。

誰かに腹が立った。

どうしたらいいでしょう?

ああ、私は今、腹が立っているんだな。

怒ってるんだな。

そんな風に、ただ感じるだけでOKです。

 

例えば、スーパーのレジの順番待ちで、自分の前にオバちゃんが横入りしてきた。

普通なら腹が立ちます。

そんなときには、大いに腹を立てていいのです。

自分の心の中で、しっかり腹を立てる。怒りの感情を感じる。

ああ、私は今、けっこう腹を立ててるんだな、と認めましょう。

それだけでOK。

 

すると、何が起きるでしょうか。

怒りがだんだん、確実に、消えてゆくのが分かるます。

まるで、パンパンに膨らんだ風船の空気を、スーッと抜いてゆくように、怒りがしぼんでゆくのです。

感じれば感じただけ、怒りの空気は抜けてゆきます。

そして、すっかり抜けきった時、あなたに訪れる感情があります。

「まあ、いいか」

もはやあなたは、その出来事にこだわっていません。怒りは消え、気持ちは穏やかです。

 

生まれた感情は、感じることで消えてゆく。

感じることでしか、それを消すことはできない。

 

しかし、残念ながら、多くの人が感情に対してやるのは、逆のことです。

思考を使って、感情を無視する、封印する、目を背ける。

怒りを感じた時には、大抵このように考えます。

 

いや、わたしは怒ってなんかいない。

こんなことで怒るなんて、みっともない、恥ずかしい。

怒るのは悪いことだから、怒ってはいけない。

人の過ちは、許すべきだ。

 

結果はどうなるでしょうか?

全部失敗します。怒りの感情は少しも消えません。

なぜなら、生まれた感情は感じることでしか消えないから。

じゃあ、消えなかった感情はどうなるのか?

お腹の中にどんどんたまります。

 

僕がお客さまをヒーリングをすると、高い確率でお腹がいたいと感じます。

それは、この「溜まった感情」のエネルギーのせいです。

怒り、悲しみ、恨み、憎しみ、嫉妬・・・

生まれたものの、感じてもらえなかった感情たち。

彼らはみな、お腹の中にどんどんたまります。

そして、「感じてくれ、感じてくれ」と声を上げ続けます。

・・・怖くなってきましたか?(笑)

 

でも、大抵の人は自分の感情をこのように扱っています。

そして、溜まった感情に苦しめられています。

自分の感情に嘘はつけません。

生まれた感情を感じないまま溜めておくと、そのツケが回ってきます。

感情は、感じることでしか、それを消すことはできないのです。

 

人は生きている限り、感情を生み出し続けます。

日々の出来事に対して、常に感情を生み出し続けます。

それが生きるということだからです。

だからこそ、生み出した感情は、きちんと処理する必要があります。

 

息を吸ったら吐くように、食事をしたら排泄するように、感情を生み出したら、感じる。

息を吸ったまま吐かなければ、窒息します。

食べたまま出さなかったら、病気になります。

感情を感じることをガマンしても、心や体が病気になります。

 

だから、どんな感情も、感じてあげましょう。

ネガティブと呼ばれる感情も、静かに、優しく、その声を聞いてあげてください。

それは本来、あなたをしあわせに導くために生まれてきたのです。

感情をしっかり感じ切った時、その真実が見えてきます。

なぜ、自分がこのような苦しい感情を感じる必要があるのか?

その答えは、感情を感じ切った時にしか、見えてこないのです。

 

感情を感じるのは、時に苦しい作業です。

マラソンで息が上がったときのように。

熱いお風呂にガマンして浸かっているときのように。

肉体的に、しんどいのです。

だから、ついつい思考に逃げます。

感じるのを止めて、考えで感情を処理しようとする。そして、失敗します。

 

思考では、絶対に感情を解決できません。

考えても、気持ちは絶対に楽にならないのです。

むしろ苦しみが増します。

このことがわかっていると、ムダな苦しみを省けます。

感情で苦しみ、思考で苦しむ。これは二重の苦しみです。

 

あなたは今、何を感じているでしょうか?

焦り、不安、恐怖、いらだち、怒り、絶望。

喜び、穏やかさ、興奮、楽しさ、解放感。

今、あなたの感情が、あなたに囁いているメッセージに意識を向けてみましょう。

 

すると、びっくりするかもしれません。

自分がどれほどたくさんの感情を感じているか。

どれほど細やかな感情が、そよ風のように心を吹き抜けているか。

感情の大きな波、怒り、悲しみ、喜び、感動、それらが去ったあとに現れる、言いようのない穏やかな感情に気づくかもしれません。

 

穏やかさ、平穏、平和、静けさ。

感情の波が収まった時、私たちは自然にこの感情へと戻ってゆきます。

そして、この感情は心地よさを与えてくれます。

しあわせとは、なにか良いことが起こり、それに伴うポジティブな感情が感じられた時に、生まれると思うかもしれません。

それもまた、しあわせの一つの現われだと思います。

 

しかし、そうした感情が収まった時に、しあわせが去ってゆくとしたら、少し寂しい感じがしませんか?

でも、あらゆる感情の波が収まった時、そこに現れる穏やかさという感情。

それが幸せだとしたら、とても素晴らしいことが起こります。

何をしなくても、何かを起こさなくても、何かを求めなくても、しあわせはそこに在る。

感情の波を起こさなくても、しあわせはそこに在る。

喜びが去っても、悲しみが去っても、しあわせが姿を現す。

 

そんなふうに感じることができるようになります。

そのための方法は、あるのでしょうか?

もちろん、あります。

感情を感じること。どんな感情であれ、今、自分が体験している感情を、静かに、温かい気持ちで、感じること。

ただそれだけで、感情の波は穏やかに静まり、そして穏やかなしあわせが戻ってきます。

波が静まったあとの、鏡のような水面。それがこの穏やかさ=しあわせです。

 

そんなしあわせ、感じたことがない。

だいじょうぶ、なにも難しくありません。

感情を感じられるなら、誰にでもできます。

自分の感情に意識を向けてください。

そっと、その声を聞いてください。

思考で裁いたり、判断したり、解決しようとせずに。

 

ただ、ただ、感じてあげるだけです。

感情を感じ切った時、心がすっきり、晴れやかになるのが分かるでしょう。

それは、とても心地よい感覚です。

一人では難しければ、セッションで僕と一緒に行いましょう。

あなたのハイアーセルフが、サポートしてくれます。

葵優太

 

 

Comment





Comment