スピリチュアルカウンセリング

5月のセッション 4

「生きるのが辛くて仕方ない」という方からお電話をいただき、そのまま緊急セッションになりました。

1時間の短いセッションでしたが、3つの大切なことをお伝えできました。

ここで、その3つの知恵をご紹介します。

 

1.思考、考えると波動が下がることを知る

思考は波動を下げ、不幸を呼び寄せます。こう言うとびっくりする人もいるでしょう。

なぜでしょうか?

一番大きな理由は、思考している間、あなたは現在の現実から逃避しているから、です。

ほとんどの思考は現実逃避です。

未来を心配し、あるいは過去を悔やむ。いずれも現実、リアルな今の瞬間にはいません。

では、現実とは何か?

それはあなたそのものです。

あなたという存在が全身全霊をかけて創り出した最高の作品。

あなたが今手にできる、最も価値あるすばらしいもの、それが現実です。

それを味わっている状態が、最も波動が高まるのは、お分かりですね。

とすれば、現実から逃避すれば、波動が下がるのも、かんたんに理解できるでしょう。

 

ご相談者も、仕事で厳しい先輩に怒られることを気にしたり、遠くにいる息子さんのことを心配したりして、悩みを深めていました。

同じような心配を抱えている方もいるかもしれません。

お気づきでしょうか?どれも、今、この瞬間に起きていることではありません。

過去に起きた出来事を脳内で再生し、まるで今起きているかのように感じているのです。

現実に意識を向けていない=波動が下がる

ネガティブな思考=ネガティブな感情を生み出す=さらに波動が下がる

 

これが波動が下がる二大原因です。

思考の望ましい使い方、それは現在行っている作業にのみ使う方法です。

たとえば、文章を書く、本を読む、会話をする、これらに思考は不可欠です。

現在行っている作業に意識を向けているなら、波動は下がりません。

したがって、思考を現在に向けている間、波動は下がりません。

 

2.楽しいことをすると波動が上がる

楽しいことをしていると、意識が現在に集中します。

楽しければ楽しいほど、意識は現在に集中し、夢中になり、必死になります。

この時、すばらしい意識の変化が起きるのが分かるでしょうか。

それは、「我を忘れる」という意識の変化です。

言い換えれば、我、自己、セルフ、エゴから意識が抜け出し、より高次の領域に意識が入ります。

三次元から、ハイアーセルフへと意識の焦点が移るのです。

 

この時、波動が大幅に上昇します。

あなたが本来あるべき状態になり、本来の100%の波動に戻るのです。

そこにもはや「我、わたし」は存在せず、ただ夢中になっている意識があります。

考え、感じ、行動しているかもしれませんが、それは普段の「我、わたし、エゴ」ではありません。

何かに夢中になったり、必死になったりしたときのことを、思い出してみてください。

僕のいうことが、思考ではなく、感覚で理解できるでしょう。

 

我を忘れるくらい楽しいこと、夢中になれることをしている間、あなたは本来のあなたに戻り、波動が上昇します。

それが終わった後でも、言葉にできない達成感、充実感を味わうでしょう。

それが、本来のあなたでいる時に感じる感覚なのです。

 

3.目の前のことに全力で取り組む、夢中になる

楽しいことだけではなく、何をしていても波動を上げる方法があります。

それが、目の前のことに全力で取り組む、夢中になることです。

 

たとえば、単純作業をしている時。

草むしりや掃除など、思考を必要としない単純作業に意識を集中している時。

不思議と夢中になり、没頭している自分に気づく時がありませんか?

決して面白いわけでもなく、創造的でもなく、知的でもない作業。

それなのに、夢中になり、途中でやめられなくなり、気づいたら大量の作業が全て終わっていた。

やる前は嫌々始めたのに、終わったときにはむしろいい気分に満ちている。

そんな体験が、あなたにもあるはずです。

 

このときにも、波動が上がっています。

その理由としては、

現在に集中している。思考していない。我を忘れている。

ということになるでしょう。

たとえ楽しくない作業であっても、無心にそれを行えば、ハイアーセルフ意識に到達します。

すると、その意識状態が楽しみ、喜びを生むので、作業が楽しくなる。

そういう事が起こるのです。

 

これのすばらしい点は、日常の様々な作業に応用できることです。

コツは、嫌だ、嫌いだ、苦手だ、という思考のレッテルを貼らないこと。

考えずに、体から作業に入る、まずは体を動かす、と言ってもいいでしょう。

体を動かしているうちに、意識は体の感覚に移り、思考は静まってきます。

こうなればしめたもの。

思考が静まる=瞑想であり、単純作業は一種の瞑想なのです。

 

この三つの知恵をお伝えした結果、ご相談者はとても楽しげに笑い、悩みを忘れてしまったようでした。

 

難しいことは一切考えなくていい。むしろ、考えるからダメなんだ。

考えずに、単純に、今できることをやればいい。そこにしあわせが生まれる。

そのことが感覚で納得できたのだと思います。

 

カウンセリング申し込みの電話をかけるのに、かなりためらったというお話でしたが、

勇気を出して電話をかけてくださったおかげで、とても素晴らしい時間をご一緒できました。

僕自身も楽しく、夢中になり、波動の上がる楽しいひと時でした。

ありがとうございます。

葵優太

Comment





Comment