スピリチュアルカウンセリング

5月のセッション 5

「理想の自分を、抹殺しましょう」

30年間、理想の自分に苦しんできた女性とのセッションで、ハイアーセルフが伝えたメッセージです。

僕は普段、こういう衝撃的な言葉はあまり用いません。

ですが今回、この言葉の強さが必要だったようです。

 

このメッセージと、そのエネルギーに触れて、女性は30年間の理想の自分、

言い換えるなら「未来の亡霊」から解放され、涙を流されました。

 

「理想の自分」とは、良いものでしょうか?

悪いものでしょうか?

あなたはどちらだと思いますか?

 

答えは「包丁」と同じだといったら、びっくりするでしょうか。

包丁は、料理を作る道具にもなれば、人を傷つける道具にもなりえます。

つまり、使い方次第。

 

「理想の自分」という考え方も、同じだと思います。

「理想の自分」を果てしなく追いかけ続ける人生。

永遠に、理想の自分には届かない孤独なレース。

まるで馬の鼻先にぶら下げた人参のように捉えるなら、

理想の自分は果てしなくあなたを苦しめるでしょう。

 

なぜなら、私たちが幸せを感じられる瞬間は、今だから。

理想を未来に置いた瞬間、今の自分は未熟、未完成な自分に成り下がります。

理想は未来にある。

つまり、今は理想ではない。しあわせではない。

 

では、頑張って理想の自分に到達したら、しあわせになれるでしょうか?

束の間の達成感が得られるかもしれません。

その後には再び「理想の自分」を追いかけるレースが始まるでしょう。

なぜなら、理想は未来にある、という考え方は変わっていないから。

達成した瞬間、理想は平凡で未熟な自分に成り下がるから。

そういう「理想の自分」は、あなたを苦しめる「未来の亡霊」です。

 

では、理想の自分はどう使ったらいいのでしょうか?

今、この瞬間のあなたを、理想の自分として捉えてみませんか?

それは、決して不自然なことではありません。

 

なぜなら、私達は皆、ベストな選択の結果として、今に至るからです。

その時与えられた、選べる選択肢の中で、ベストを選ばない人など存在しません。

みな、その時点でベストと思える選択を積み重ね、今に至るはず。

ベストの選択の結果として今があるなら、それが「理想の自分」ではないでしょうか?

 

もちろん、今のあなたに不満もあれば、納得行かない部分もあるでしょう。

ほんの少しの間でいい、それをそのまま、そっとしておきませんか?

そこにだけ意識を向けていては、全体を理解することはできません。

 

全体とは何でしょうか?

今のあなたという存在の全体です。

 

得たものがあり、失ったものがある。

いまだ得ていないものがあり、いまだ失っていないものがある。

出会ったものがあり、別れたものがある。

いまだ出会っていないものがあり、いまだ別れていないものがある。

 

得ては失い、出会っては別れる。

失って後に新たに得て、別れた後に新たに出会う。

全てはこのサイクルの中にあります。

あなたの肉体も、精神も、エネルギーも、生命も、人生も。

全てはこのサイクルの中に含まれています。

得る、失う、どちらか片方だけに意識を向けると、健やかな精神のバランスを崩します。

 

あなたが満足している部分が、新たな不満足を生みます。

そして不満足が、新たな満足を生みます。

それがあなたという存在の全体です。

 

このサイクルを拒否し、抵抗する度に、あなたは苦痛を感じるでしょう。

このサイクルを理解し、受け入れる度に、あなたは自由になれるでしょう。

いついかなる時でも、あなたはこのサイクルの中にあります。

 

このサイクルは完全であり、理想的です。

この理想のサイクルに調和している時、あなたは理想の自分を感じるでしょう。

それが、今の自分を理想の自分として受け入れることです。

 

このサイクルに深く調和してゆくと、次第に穏やかになってゆきます。

得ること、失うこと、出会うこと、別れること、そのひとつ、ひとつに穏やかになります。

言い換えるなら、毎日の日没のように、四季の巡りのように、それを自然に受け入れるようになります。

 

そして、その奥にある不変の本質に気づくかもしれません。

そのことについては、また次の機会にお話しようと思います。

 

完全なサイクルを理解し、自分と人生をその調和の中に感じる事ができれば、

今がすでに理想であることが、自然と明らかになってくるでしょう。

たとえ一瞬でもこの真実を感じることができたら、それはあなたを新たな領域へといざなってくれるはずです。

 

葵優太

Comment





Comment